1. ホーム
  2. 小顔にも有効

小顔にも有効

カウンセリング

部位によって費用が違う

美容に効果があると人気なのがボトックス注射です。ボトックス注射は保険が利かない為に高額な費用が必要と聞いたことがある人もいるかもしれません。実際にどれぐらいに費用を準備しておけばよいのでしょうか。また部位によってどれぐらいの差が生まれるのかをご説明していきます。基本的なことなのですが、ボトックス注射の持続効果は4か月〜6か月と言われています。一度注射すれば永続的にその状態を維持することはできませんのでそのことを理解しておきましょう。シワやたるみの改善には年に2、3回程度施術を受ける必要がありますし、美容目的での施術に関してはどれも保険が適用されません。使用目的や部位によっても差があるのですが、使用する薬剤によって値段が異なっている場合がほとんどです。例えば、アラガン社のボツリヌス菌を使用した場合は1万円〜2万円ぐらいが相場ですが、それ以外のものを使用すると3千円〜1万円になると言われています。クリニックによって使用している薬剤が異なっていますので必然的にかかる費用も異なるでしょう。そして、注入する量によっても費用は異なります。部分的なシワ取りに使用する場合と大きな範囲に使用する場合では量が異なります。注入量が増えれば増えるほど費用は嵩むということです。中には注入量に関わらず一定料金を設定している場合もありますので、事前に確認しておくと安心です。ボトックス注射を行う際には、まずどのクリニックで施術してもらうのか、どの薬剤を使用しているのか、費用はどれぐらいかを確認しておくことが大切です。そもそもボトックスってどのようなものかご存知でしょうか。ボトックスとは、ボツリヌス菌を使用した治療法のことを言います。このボツリヌス菌は、体内に吸収されることによって皮膚を柔らかくしたり、筋肉を細くするような作用があり、美容面で使用するとシワが取れたり、顎のエラ張りを解消することが期待できます。また、多汗症の人の治療法としても人気があります。ボツリヌス菌と言われると体に害があるイメージがありますが、体に問題のない注入量で最大限の効果を実感することができるとして、幅広い年代の女性に人気のある美容法の一つになっています。ボトックス注射は永続的に効果が持続するものではなく、半年程度で効力は切れてしまうと言われているので、継続的なケアは必要となりますが、メスなどを使用せずにできるのでダウンタイムが短期間で終わったり、傷が残らなかったりというメリットがあるでしょう。保険が適用されない為、場合によっては数万円費用がかかってしまうことがありますので、事前にどれぐらいの予算があればいいのかを確認しておいてください。そしてできれば使用している薬剤についても聞いておきましょう。手軽な美容整形として人気なボトックス注射ではありますが、薬剤の種類によっては費用が高くついてしまいますし、一度の治療では終わらないことも多いのでその分の費用も頭に入れておくことが大切です。美容や健康の口コミサイトやクリニックの口コミサイトなどには有益な情報がたくさん集まっていますので、参考にするのがおすすめです。